楽天市場

陸王の5本指シューズ

現在、TBSの日曜劇場では池井戸潤原作のドラマ『陸王』が放送中です。


日曜劇場_陸王

 こちら >> 日曜劇場『陸王』|TBSテレビ


選挙があった関係で、まだ2話分しか放送されていませんが、すでに十分面白いです。


この『陸王』は老舗の足袋(たび)製造会社が “ランニングシューズ” の開発に乗り出すという話なのですが、合気道を稽古する者にとっても興味深い話が数多く出てきます。


ドラマのキーワードになっている言葉(走法)は「ミッドフット着地(走法)」です。


そして、この「ミッドフット着地」に対する走法が、「ヒール着地(走法)」です。


「ヒール着地」が足の踵から着地するのに対し、「ミッドフット着地」は足の裏の中央付近で着地します。

「ミッドフット着地」をすることにより、足への衝撃が吸収され、“エネルギーの損失が減る” のだそうです。


20万年前に誕生したホモサピエンスが、他の “ヒト科” の生物が滅びるなかで唯一生き残った理由は、この「ミッドフット着地」走法だったからです(とドラマでは言っていました)。

他の “ヒト科” の生物が短距離しか走ることができなかったのに対し、ホモサピエンスだけが長距離を走ることができたのです。


そして、この「ミッドフット着地」走法は、(足袋のような) “底の薄い靴” を履くことにより修得できるのだそうです。


実は、“足袋のような靴” については、私も随分と前から探していました。


道場では裸足で稽古しますが、道場の外では靴を履きます。


もしも、外でも “裸足感覚で歩くことのできる靴” があれば、合気道の稽古にも役立つのではないかと考えていたのです。


そして、実はこの “裸足感覚で歩くことのできる靴” の良いものを私は、今年の夏に見つけていました。


そして、偶然にも同じ靴が『陸王』の第1話に登場してきたのです。

(おそらく池井戸さんも同じ靴から『陸王』のヒントを得たのではないかと思います。)


ビブラム社の 「Five Fingers」という “5本指シューズ” です。



 Vibram FiveFingers ランニングモデル


番組に出てきたのは上の(オレンジの)ランニングモデルですが、私のお薦めは「Trek Ascent」と呼ばれるアウトドア用のモデルです。



 Vibram FiveFingers アウトドア・カジュアルモデル TREK ASCENT


「Five Fingers Trek Ascent」の特徴は、山の中でも動けるように柔らかいゴムを使用していることです。

さらに履き慣れると柔らかく、5本の指を自由に動かすことができるようになり、優れたグリップ力をもたらすのだそうです。





グリップ力が強いので “すり足” は難しいですが、このシューズを履くことによって、踵着地の歩き方からは脱却できるのではないでしょうか。

合気道では、後足は踵を浮かしてはならないと教えられますが、同時に、前足はつま先を上げてはならないのです。


さらに、このシューズを履くことにより、“重心が足裏全体に分散した正しい姿勢” になるのだそうです。


外を歩くのは少し恥ずかしいですが、このシューズを履いていると何か良いことがありそうな気がします。









商品名・キーワード:

               ↑通販商品 検索サービス
(広告)
腹筋台比較サイト
防犯グッズ 見つけるナビ
防災グッズ 見つけるナビ
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 合気道 - ジャンル : スポーツ

Tag : 合気道 裸足 ドラマ 陸王